葛西海浜公園BLOG

ブログ

BLOG

2022.04/11(月)

4/9 コアジサシワークデー開催!

「コアジサシワークデー」を開催しました!

毎年春から夏にかけて、葛西で見られる絶滅危惧種の野鳥「コアジサシ」が営巣できる場所を整備するイベントです。埋め立てや気候変動により数少なくなった東京湾周辺のコアジサシ営巣地として、葛西海浜公園ではNPO法人生態教育センター、日本野鳥の会東京、葛西東渚・鳥類園友の会とともに、保全活動にあたっています。今回はさらにNPO法人リトルターン・プロジェクトからも応援に来てくださいました!

参加者は27名!天気も良く、作業日和になりましたが、強風の中での作業となりました。

公園のパークレンジャーがコアジサシについて解説し、西なぎさ西端の営巣エリアで作業開始!営巣エリアに白砂や貝殻をまき、囲いを作って人が立ち入らないようにします。

オレンジ色の杭とロープで囲いを作り…

砂地に白砂と貝殻を全面にまいていきます。コアジサシは白い場所に巣を作る傾向があるので、白砂をまんべんなくまいて、白い砂地を作ります。

最後にデコイ(模型)を設置!2個一緒に置いてコアジサシが巣を作っている様子を再現することで、営巣できる場所であることをコアジサシたちに知らせます。

皆さまのご協力により、無事に立派な営巣地ができました!

コアジサシが西なぎさにやってくるのは4月中旬頃から。これからが楽しみです!

ご参加いただいた皆様、ありがとうございました!

今後のコアジサシたちの動向についてはブログやFacebookなどで報告していきますので、お楽しみに♪